憂鬱な気分になったら要注意|鬱病発症のリスクを下げる

先生

疲れた心の声に耳を傾けて

鬱

憂鬱は誰でも感じるものですが、深刻になってしまっている場合は専門家の助けが必要です。憂鬱は心だけでなく、身体の病気も引き起こすことがあるのです。憂鬱な気分のためによく眠れない日が2週間以上続くようなときは、心療内科や精神科に相談しましょう。

うつ症状の原因について

悩み

憂鬱症状が続く場合には、他の症状にも気を配って内科的な病気を見逃さないことが大切です。甲状腺の病気では憂鬱少女が現れることも珍しくなく若い世代では特に注意を要します。今後は、しかるべき検査を経て病気が確定されるようになると考えられます。

人生の難病

先生

憂鬱という言葉は、誰でも一度は使った事のある言葉でしょう。これは特に、何かをする気分になれず、何もできない場合や、特にはっきりとした原因がわからないのに、不安を感じてしまったりする時に、使われる言葉です。近年では、鬱病を始めとして、人の気分や行動に影響を与える、心の病気というものが、何かと話題になっていますから、そういった感情に対しての理解は、社会に浸透してはいるようですが、この憂鬱というものは、そういうものとは少々違った解釈がなされているのです。この憂鬱というものは、人から見ると通常の気分の落ち込みのように見えてしまいますが、神経症や精神病というものの症状として存在しています。ですがあまり認知がされていないので、極度に精神状態が落ちこんで、自分は鬱病ではないのかと感じる人はいても、気分が何となく憂鬱なので、自分は病気だと感じる人は、あまりいないのです。確かに誰でも、その時の状況によって、その気分に上下があるのは普通ですし、憂鬱という感情も、そんな気分の一部くらいに考えられていれば、それでいちいち病気だと騒ぐ人はいないでしょう。しかしこの憂鬱という感情も、あまりひんぱんに起こってしまうようならば、それはそれで要注意です。風邪は万病の元という言葉もありますが、この憂鬱という感情は何らかの精神病の前兆である場合があるからです。うつ病の前兆の可能性も考えられるので、早めの医療機関への受診が必要になります。心療内科や精神科などであれば、憂鬱な状態が続くということを相談すれば、きちんと検査やカウンセリングを行ってくれます。

そもそも鬱病に代表されるような精神の病気は、いきなり重い症状が出るものではなく、最初に必ず前兆が起こるものです。そういう意味では、この憂鬱という感情も、何度も起こるものであれば、鬱病等の前兆と判断する必要性もあるのです。ではその基準というものは、どのようなものなのでしょうか。基本的に精神の病気は、肉体の病気のように、目に見えるものではありませんので、その基準というものも、違ったものになります。そしてこの鬱病の前兆として判断できる憂鬱とは、それによって今までやってきた事が、一切できなくなる、あるいは、一切ではないが、かなり支障が出てしまうといった結果が生じるものであった時に、その前兆として、その可能性を疑えるものと言えるでしょう。精神の病気というものも、体の病気と同様で、早期発見というものは、その後の治療に大きな影響を及ぼします。ですからこうした前兆がある場合に、すぐに手を打つ事によって、その予防から早期治療を可能とできるのです。ただ医療機関に行く場合には、いくつか注意しておく点があります。まずは医師の実績や実力などです。カウンセリングもほどほどに、薬を大量に渡す医師のところでは、治療を続けないようにしましょう。またカウンセリングの時間が初診にも関わらず短い場合も気をつけましょう。また医療機関の雰囲気も見ておくといいでしょう。スタッフの対応なども大事になってくるので、カウンセリングのときにいろいろと見て判断すべきです。ただこれは患者のみでは難しい場合があるので、出来れば家族も一緒になって医療機関に足を運ぶときちんとした判断が出来るでしょう。

心とのうまい付き合い方

元気になる

憂鬱という感情は、誰にでも起こり得るものですが、しかしそれがひんぱんに起こるようでしたら、それは注意が必要です。 こうした感情は、あらゆる精神病につながる恐れがあり、素人判断で安易に精神安定剤等を服用すれば、かえってひどくなる恐れもありますので、専門家の指示を受けるのが賢明です。